top of page
  • 執筆者の写真ESI PIANO STUDIO

絶対に負けない

連日報道されているように個々の健康管理が必須の状況となっております。

お亡くなりになってしまった方々、また症状が重い方におかれましては本当に気の毒に思います。

「自分も感染しているのでは」との懸念でいつも心がいっぱいな方々も沢山いらっしゃって、そしてそれが決して人ごとではなくなって参りました。

教室でも生徒さんが必ず触る各ドアノブ、インターフォン、鍵盤などのアルコール消毒と1〜2時間毎の換気、温湿度の管理をこれまで以上に徹底するようにしております。

また生徒さん自身にもレッスン前の手指のアルコール除菌、咳エチケット、マスクの着用などのご協力を頂き、皆さん元気に通ってくれております。

それにしてもマスクはもちろん、除菌の為のアルコールスプレーや除菌シートを調達するのが難しいですね。

発見したとしても「お一人様一点限り」ですので、毎日ドラッグストアのハシゴをしている毎日です。

巷で言われる様に「正しく恐れる」、そしてみんなで協力して乗り越えていく事が最も大切だと思っております。

そんな落ち着かない気持ちの中で先週のバレンタインデーには素敵な贈り物を頂きました。

いつも太陽の様に明るく愛らしい女の子、Mちゃんからはご本人同様の愛らしい手作りクッキー、心身共に辛い時期を乗り越えて復帰されたRさんからはみんな大好きPIERE MARCOLINIの綺麗なチョコレート、1回1回のピアノレッスンをとても大切に、それを自宅に持ち帰ってコツコツ練習を積んでいらっしゃるRさんからもチョコレートのアソート。

大好きな生徒さんから大好きなお菓子を頂いて、1回1回のレッスンを大切にすることはもちろん、嫌なウイルスには絶対に負けない!と誓いました。

大好きな生徒さん、ご家族の皆さん、これを読んで下さっている方々、読んで下さってない大切な方々。

みなさんどうかどうか元気に乗り越えていきましょう。



東京都墨田区にて



最新記事

すべて表示

共に成長していきたい作品たち

2024年が明けました。 元旦早々大変なニュースが飛び込んできたという幕開けです。 能登半島地震によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますと共に、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 生徒様、ここにいらっしゃる皆様の中でも辛く悲しい思いをされている方はいらっしゃらないでしょうか? 今年はどんな年にしよう?どんな年だったらいいかなぁ、と抱負や目標に思いを巡らせてるところの報道

コメント


bottom of page