• ESI PIANO STUDIO

秒進分歩

毎年の事ながら未だ梅雨に慣れる事ができず、すっかりジメジメ攻撃の影響を受けております。

そんな中、生徒さんよりプレゼントを頂戴しました!

M.Y.さんからgmeiner(グマイナー)のビスケットの詰め合わせとC.I.さんからユーモラスなマグカップ。

gmeiner(このサイトの画像を見ただけで落ち着かなくなります)は箱を開けるとまさに宝箱!という様なカラフルで可愛らしい見た目とバター風味豊かなビスケット達で大好きです。

Mさんは以前にもドイツ菓子をプレゼントして下さり、私のツボを的確に把握して下さってます。

取っ手がハンマーのカタチになっているマグはドリンクが優に4杯分は淹れる事ができ、練習時にはとてもありがたい存在になってくれそうです。

Cさんが一生懸命探して下さったこのマグ、取っ手が何故ハンマーの形なのか、その理由はまた次の機会に。。。

せっかくなのでいつもより丁寧に煎れたコーヒーでおやつの時間。

ゆったりとした時間を取る事はこの様なきっかけがないとなかなか難しいのでとても貴重です。

ありがとうございました。


今年初めて『台風』という言葉をニュースで聞いた昨日、2017年度PTNAピアノコンペティションにエントリーしている4人の生徒さんのリハーサルを行いました。

Sa.c.のT.M.さん、Ch.c.のM.Kちゃんとお母様も悪天候にも関わらず応援に駆けつけて下さり、緊張と熱気の中で無事リハーサルを終えました。

本番まであと10日を切った今、課題曲にとりかかってからこれまでの時間が思い起こされます。

昨年私自身が成し得なかった事、後悔した事を繰り返すまいと、彼女たちには一切の手加減をする事なく全てを伝えてまいりました。

『一度に沢山伝えると混乱するかな』『一生懸命なのだからこれ以上言うのはかわいそうかな』などの遠慮は一切なかった『重箱の隅レッスン』でしたので、お家で途方にくれたり、なかなか出来なくて悔しい思いから私の見えないところで涙がこぼれてしまった方もいらっしゃる事でしょう。

そんな事は微塵も見せず実に堂々と、そして楽しんで演奏してくれた4人。

毎週どころか、レッスン時間内でもグングン作品を自分のものにしてくれました。

その進歩は『日進月歩』どころか『秒進分歩』といったところで、そんな姿を目の当たりにするたびに、人間の力って無限なんだなぁと感じずにはいられません。

本番目前で一番怖い思いをしているのは、他でもない私です。

ビショ濡れで帰宅した後、彼女たちの演奏風景を繰り返し繰り返し見て、この10日間であとは何ができるだろう、と考えているうちに気がつくと夜が明けておりました。

カーテンの隙間からは昨日の激しい雨とは打って変わってパッと眩しい空。

彼女たちのこれまでの努力が報われます様に、と思わずお日さまに手を合わせました。

東京都墨田区にて