my story with piano Ⅱ

自分の中の

ピアノ

パーセンテージ

                        

微妙だったバレエは止めてしまいましたが

ピアノは飽きっぽい性格にも関わらず

続けておりました。

 

友達のおうちで遊んでいても

そのお宅にピアノがあれば

『ピアノ遊び』が始まります。

友達に「これ弾いて!」と言われ

弾いて喜んでもらったり、

友達のお母様に

「みーちゃんはピアノが上手ね。」と

褒められたりする事が何より嬉しかったのです。

 

小学校6年生のある日

父から話があると呼ばれました。

また何を叱られるのかと思いきや

「おまえはピアノをどれくらい

続けていくつもりなんだい?」

と突然の質問。

自分の実力を超越して

弾いてみたい曲が山ほどあり

当分ピアノをやめたくなかったので

「ずっとやりたい!!」

と答えました。

 

 

その年の誕生日、学校から帰ってくると

グランドピアノが私を待っていました。

ビックリしたのと同時に覚悟のようなものが

心の中に湧き上がってきました。

私の相棒だった楽器はオルガンから

アップライトピアノに変わって

まだ数年しか経っていなかったのです。

グランドピアノは高価なものだという事は

よく理解しておりました。

高いお買い物を決意してくれた

両親の気持ちを考えると

ピアノに対しては中途半端な事は

絶対にしてはいけないと

子供ながらに思った事を覚えています。

 

>>next Ⅲ 音楽の計り知れない奥深さ