about ESI 

 

Educational Ideal

~教育理念~

 

ESI PIANO STUDIOでは

ピアノを通して

『素敵に生きる力』を養う教育を目指す

ピアノ教室であることを

追求しております

 Creativity ~創造性~

 

音楽は一期一会です。

同じ演奏者が同じ解釈で演奏しても二度と同じものにはなりません。

それが楽しくもあり、難しくもあるところです。

偉大な作曲家たちがその魂を注いで生み出した作品の数々に思いをはせ、作曲家の気持ちや祈りに寄り添いながら自分の体で音を創っていく喜びを、演奏する側とそれを聴く側とで共有することができたら、こんな素晴らしい事はありません。

その創造する喜びは、やがて未来を自らの力で切り開く事のできる、バイタリティのある人間形成につながると考えます。

 

 

 

 Applicability ~応用性~

 

数ある楽器の中でもピアノは唯一と言っていいほど、本番で自分が慣れ親しんでいる楽器を使うことができない楽器です。

わずかなリハの間に楽器の持つキャラクター、鍵盤やペダルの感触、自分の指から音が出るまでの力がホールに与える影響などを、全身の神経を研ぎすまして確認し、判断しなければなりません。その咄嗟の応用性は、やがて自らが置かれている状況を瞬時に分析し、自分の持つスキルを最大限に発揮できる力が育つ事につながると考えます。

 

 

 

 Responsibility ~責任感~

 

音楽は第一小節、第一音を弾き始めたら最後、二度と引き返すことができません。

ステージ上では「もう一回やり直し!」は通用しませんし、間違えても消しゴムで消す、ということはできないのです。

普段でも何気なく弾き始めるその一瞬、一瞬はわずかながらも常に直感力と行動力、そして勇気が必要不可欠です。

その小さな勇気の積み重ねは、やがて自分の行動から逃げずに責任を取ることができる、力強い人格形成につながると考えます。

 

 

 

 Sympathy ~共感~

 

音楽を学ぶ上では楽しいことばかりではありません。

自分の弱点を真摯に受け止め、何度も練習することは時に忍耐を伴うものです。

しかしそれを乗り超えた時に大きな喜びや達成感、感動を得ることができるでしょう。

また同じ様に周りの人が苦しんでいる、頑張っている姿を感じ取れるのは、同じ思いをした経験のある人間です。

困難を乗り越える強さは、やがて周りの人への共感と優しさをもつ、人間味あふれる心の育成につながると考えます。

また「私はこう弾きたい!」「私はこの曲がこんなに好きなんだ!」という思いを聴き手に訴えかける演奏は、言葉を介さない素敵なコミュニケーションツールで、強いては言葉の違う世界中の人と思いを共有することができるのです。

 

 

 

’15/11/01

 

 

 

ESIって何の略?

 

EZER​(何千もの)

SZÉP(美しい)

I​LLAT(香り)

というハンガリー語の頭文字

そう!講師の名前『美千香』から取りました。

いい香りがするものが大好きです。

お花、紅茶、香水、アロマ

もちろん、おいしい食べ物の香りも!

’19/11/03