my story with piano ​Ⅳ

自分にしか

表現できない

ものとは?

 

ピアノに対して

ただ『楽しい!』というのが覆されたのは

高校3年生の夏休みです。

志望大学の夏期講習を受けてビックリ仰天!

世の中にはこんなにピアノが上手な人が

山ほどいるんだと

それまで少々高かった鼻を

ポッキリへし折られました。

 

それから月回の札幌→東京の

飛行機で通うレッスンが始まりました。

全国から受験生が集まる

ピリピリとしたレッスン室の空気

毎回先生から出される膨大な課題による絶望感と

ほんの少しだけの希望。

気づけばJAZZの楽譜は

本棚の片隅に追いやられていました。

 

今思うとあの時期が懸命に打ち込んでいた、

いわゆる『青春時代』だったのかと思います。

                       

苦労して入学した大学生活は

『素敵なピアノを弾く友達』と遊び、語らい

『友達の弾く素敵なピアノ』に刺激を受けながら

少しずつ人と比べるという事より

『自分にしか弾けないピアノって何だろう?』

という事を考え始めました。

 

>>next Ⅴ 一生ピアニスト中