my story with piano Ⅴ

 

卒業を控えると音大生のその後の進路は様々です。

音楽関係の会社に就職したり

音楽とは関係のない会社に就職したり

学校の先生になったり

大学院に残ったり

結婚したり。

私が選択したのは留学する事でした。

全国から優秀な学生が集まる大学の中で

身を置いて勉強した年間でしたが

全世界から優秀な学生が集まる中で

身を置いての勉強はどんなだろうと考えると

どうしても日本から飛び出してみたかったのです。

 

行き先は大好きな作曲家の一人

Franz Liszt の故郷ハンガリー。

初めてのレッスンの衝撃は今でも忘れられません。

先生は洗いざらしのGパンによれよれのシャツ

対する生徒はサンダル履き。

え?!

そんな格好でレッスンを受けて良いのですか?

レッスンが終わるとレッスン料を裸で渡し

「ありがとう!じゃあまた来週!」と去る生徒。

え?!

お札は新札できちんと封筒に入れないのですか?

日本を出てから師事した先生は

ほぼ全員現役ピアニストであったからか

『先生と生徒』と言うより

『同じ演奏家の先輩と後輩』

として接しているようでした。

 

一生

ピアニスト中

 

私も生徒さんにお願いしている

レッスン前のご挨拶「よろしくお願いします」

という言葉はハンガリー語はもちろん、英語でも

ニュアンスがぴったり合う言葉がありません。

日本にしかない美しい言葉です。

長年の習慣で

それを言わないとレッスンが始められない私は

ここだけはずっと日本語で通しました。

 

レッスン内容もまたまたビックリ!

生徒の曲に対する解釈や思いを尊重してくれる一方

「こういう解釈もある」

「僕はこの前の演奏会でこう弾いたけどね」と

同じフレーズを全く別の音楽の様に

弾いてくれるのです。

よって小節、音たりとも

『なんとなく弾いている』

『譜面を追いかけてるだけ』

という演奏は決して許されません。

これも先生が

『音楽は一生勉強。僕もまだ勉強途中』

という意識の表れだったように思います。

彼らは『ピアニスト』ではなく

『ピアニスト中』でした。

そして全世界から集まった学生の演奏は

似た様な演奏はない、オリジナリティに溢れた

唯一無二の演奏です。

 

>>next Ⅵ ZONGORISTAあったからこそ